商業施設オープン予定リスト

こちらでは2019〜2025年にオープン予定の商業施設のリストを掲載しております。
月3回の独自調査により、情報を常に更新しています。(最終更新日 :
これまでの更新履歴はこちらからご覧ください。

2019年春

ビオスタイルプロジェクト(BIOSTYLE)

オープン予定 2019年予定
計画地 京都市下京区河原町通四条下ル稲荷町
開発者 京阪ホールディングス株式会社
面積 27337㎡

京阪ホールディングス株式会社(本社:大阪市中央区、社長:加藤好文)は、長期経営戦略において主軸戦略の一つに、お客さまに共感いただける商品・サービス・事業を創造する「共感コンテンツ創造」を掲げています。その中心的な取り組みとして、健康的で美しくクオリティの高い生活を実現し、循環型社会に寄与するライフスタイル「BIOSTYLE」の提案を目指しています。

YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT

オープン予定 2019年予定
計画地 横浜市中区新港2丁目14番1
開発者 新港ふ頭客船ターミナル株式会社
面積 30290㎡

横浜市がみなとみらい21 新港地区において推進する「新港地区客船ターミナル(仮称)等整備事業」(以下、本事業)において、建築工事に着手いたしましたのでお知らせいたします。本事業は、事業予定者として選定された「(仮称)Yokohama Pier9」の構成企業が中心となって設立した「新港ふ頭客船ターミナル株式会社」(以下、新港ふ頭(株))が推進するとともに、着工に合わせて事業名を「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT※1」へと改称いたしました。

2019年夏

サンエー浦添西海岸PARCO CITY

オープン予定 2019年夏
計画地 沖縄県浦添市西洲三丁目
開発者 株式会社サンエーパルコ
面積 商業施設面積‎: ‎約78,000 m² 延床面積‎: 約224,122 m²敷地面積‎: ‎約85,484 m²

2019年夏にサンエーとパルコの合同会社サンエーパルコが沖縄最大のショッピングモールをオープン予定。

BRANCH(ブランチ)札幌月寒(仮称)

オープン予定 2019年夏
計画地 北海道札幌市豊平区月寒東3条11丁目21-5,21-27
開発者 大和リース株式会社
面積 敷地面積 44,173 ㎡延床面積 15,300 ㎡

緑豊かな周辺環境との調和を保ち、地域住民の交流の場となる公園機能を兼ね備えた複合商業施設。

フレスポ春日井

オープン予定 2019年夏
計画地 愛知県春日井市追進町2丁目1番5
開発者 大和リース株式会社
面積 敷地面積 約5,812坪 (約19,213㎡) 店舗面積 約1,966坪 (約6,499㎡)

愛知県春日井市にフレスポ春日井がオープンします。 フレスポ春日井は、愛知県初出店です。

Brillia Tower西新

オープン予定 2019年夏
計画地 福岡市中央区大手門1丁目4
開発者 東京建物株式会社
面積 敷地面積, 4,200.11㎡. 建築面積, 3,327.48㎡. 建築延床面積, 50,789.35㎡

2019 年秋の開業を予定しています。地下2 階の「西新」駅コンコースから商業施設を通じて地上への動線を拡充することおよび地下2 階の食品スーパーをはじめ、食関連、生活関連のテナントを誘致することで、「西新」駅を利用される皆様の利便性を充実させるとともに、屋上には広場を新設し、地域の憩いの空間を提供します。

イオン藤井寺ショッピングセンター(仮称)

オープン予定 2019年夏
計画地 大阪府藤井寺市藤井寺駅北土地区画整理事業地内
開発者 イオンモール株式会社
面積 敷地面積約14,200㎡延床面積約27,400㎡

大阪府藤井寺市で、建替え計画を進めている「イオンモール藤井寺」を、「(仮称)イオン藤井寺ショッピングセンター」として新設。

フレスポ富沢西

オープン予定 2019年08月
計画地 仙台市太白区富田京ノ北52-1
開発者 大和リース株式会社
面積 敷地面積14,632㎡

宮城県仙台市太白区に大和リースの商業施設「フレスポ富沢」が2019年夏に開業予定。

宮下公園リニューアル

オープン予定 2019年08月
計画地 東京都渋谷区渋谷1丁目
開発者 渋谷区
面積 公園面積:約10,800㎡

JR渋谷駅から最も近い“オアシス”といえば、駅から徒歩約5分、山手線沿いに位置する宮下公園だ。広さ1万808平方メートルの園内には木々がうっそうと茂り、昼間でも少し薄暗いほど。買い物途中の若者や近隣で働く人々が一休みする姿が目立つほか、スポーツを楽しむサークルや子どもたちも集まり、駅近くの貴重な緑地として幅広く利用されている。

キュープラザ池袋

オープン予定 2019年7月
計画地 東京都豊島区東池袋一丁目30番1他
開発者 東急不動産株式会社
面積 敷 地 面 積: 1,837.19㎡/延 床 面 積: 16,576.72㎡

東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈 郁仁)は、佐々木興業株式会社(本社:東京都豊島区、社長:佐々木 伸一)の協力のもと、池袋東口サンシャイン通り沿いにて開発を推進している「キュープラザ池袋」に出店予定の全16店舗の詳細と、開業日を2019年7月19日(金)に決定したことをお知らせいたします。

オアシスタウンキセラ川西

オープン予定 2019年6月2日
計画地 兵庫県川西市火打1丁目
開発者 株式会社阪急オアシス
面積 店舗面積 8,470㎡

兵庫県川西市に阪急阪神ホールディングスグループの大型商業ゾーン「オアシスタウンキセラ川西」が2019年7月に開業します。

イオンスタイル岡山青江

オープン予定 2019年7月
計画地 岡山県岡山市北区青江
開発者 イオンリテール株式会社
面積 店舗面積 5,573㎡

イオンリテール(千葉県美浜区中瀬1ノ5ノ1、岡崎双一社長)は、(仮称)「イオンスタイル岡山青江店」を新築するため、重藤組(岡山市南区)の施工で10月下旬に着工した。完成予定は2019年7月下旬。

2019年秋

グランベリーパーク

オープン予定 2019年秋
計画地 東京都町田市鶴間3-3-1、4-1他
開発者 東急モールズデベロップメント
面積 店舗面積約5万3000㎡、店舗数約200店、駐車場約2100台

当社は、田園都市線南町田駅直結の商業施設「グランベリーパーク」(以下、本施設)の開業を2019年11月に決定し、今般、出店する約230店舗のうち、先行して197店舗を発表するとともに、施設内の7つの広場を紹介します。本施設は、2017年に惜しまれつつも閉館した「グランベリーモール」の跡地を再整備するもので、当社と町田市が連携して2019年11月にまちびらきをする「南町田グランベリーパーク」内に位置します。

テラスモール松戸

オープン予定 2019年秋
計画地 松戸市八ケ崎二丁目 8 番地 1 他
開発者 住友商事株式会社、住商アーバン開発株式会社
面積 敷地面積 約 49,000 ㎡、賃貸面積 約 42,000 ㎡

本施設は、国道 6 号線に近接した松戸北部市場跡地に位置し、敷地面積約 49,000 平方メートル(東京ドーム約 1.1 個分と同規模)、賃貸面積約 42,000 平方メートル(地上 4 階、一部 5 階建て)、総店舗数約 180 店と、松戸市を中心とした周辺エリア最大級の商業施設となる予定です。

渋谷パルコ

オープン予定 2019年秋予定
計画地 東京都渋谷区宇田川町14 番の一部、15番
開発者 株式会社パルコ
面積 敷地面積は約5,380㎡、延べ床面積約63,830㎡、地上19階、地下3階の

"パルコはいま、新生渋谷PARCOの計画に取り組んでいます。新しい渋谷PARCOは、これまでの渋谷PARCOと同様にPARCOの旗艦店舗というPARCOのブランドイメージそのものの役割をにない、さらなる街の活性化に貢献していきます。 敷地面積は約5,380㎡、延べ床面積約63,908㎡、地上19階、地下3階の施設を想定しており、2019年秋の開業を目指しています。"

COREDO室町テラス

オープン予定 2019年秋
計画地 A地区 東京都中央区日本橋室町三丁目地内 他/B地区 東京都中央区日本橋本石町四丁目地内 他
開発者 三井不動産株式会社
面積 商業面積:約 6,000㎡

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:菰田正信)、誠品生活股份有限公司(本社:台湾台北市信義区 会長:吳旻潔(マーシー・ウー))、株式会社有隣堂(本社:神奈川県横浜市 代表取締役会長兼社長:松信裕)は、2019年9月27日(金)にグランドオープンする商業施設「COREDO(コレド)室町テラス」2階に出店する「誠品生活日本橋」の店舗概要を決定いたしましたので、以下のとおり発表いたします。

渋谷スクランブルスクエア/SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE

オープン予定 2019年秋予定
計画地 東京都渋谷区渋谷2丁目23番 外
開発者 渋谷スクランブルスクエア株式会社
面積 延床面積: 約181,000㎡ (参考 全体完成時 約276,000㎡)/階 数: 地上47階 地下7階 高 さ: 約230m

渋谷エリア最高峰約230m、地上47階建てで、展望施設、オフィス、産業交流施設、商業施設により構成される大規模複合施設です。「混じりあい、生み出され、世界へ」をコンセプトに世界中に知られる日本を代表する名所、渋谷のスクランブル交差点に面する新たな「SQUARE(街区/広場)」として、渋谷の中心からムーブメントを発信し、新たな文化を生み出すステージとなることを目指します。

渋谷フクラス(SIBUYA FUKURAS)

オープン予定 2019年秋予定
計画地 東京都渋谷区道玄坂一丁目38番
開発者 道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合
面積 敷地面積:約3,336㎡/延床面積: 約58,970㎡/階数:地下4階地上18階(建築基準法上19階)

道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合と、同組合の組合員および参加組合員として参画している東急不動産 株式会社(本社:東京都港区、社長:大隈 郁仁)は、共に事業を推進している「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街 地再開発事業」(以降、本プロジェクト)のビル名称を、「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)」(以降、本ビル)に 決定したことをお知らせいたします。

もりまちちはら台モール

オープン予定 2019年11月
計画地 市原市ちはら台南二丁目32番2他
開発者 株式会社ヨークマート
面積 店舗面積 6,317㎡

ヨークマートもりまちちはら台モール(2019年11月23日オープン予定)。

BRANCH(ブランチ)大津

オープン予定 2019年11月
計画地 滋賀県大津市二本松1-1
開発者 大和リース株式会社
面積 敷地面積 64,793㎡、物販店舗面積 12,894㎡

大和ハウスグループの大和リース株式会社(本社:大阪市中央区、社長:森田俊作)は、2019年 4 月 15 日(月)より滋賀県大津市にて複合商業施設「ブランチ大津京」の施設整備工事を着工します。

クロスモール豊田陣中(仮称)

オープン予定 2019年10月
計画地 愛知県豊田市陣中町1-26-8
開発者 オリックス株式会社
面積 敷地面積:9,740.20㎡

豊田フランテ館の跡地に「クロスモール豊田陣中(仮称)」がオープン予定。

フューチャーシティファボーレ

オープン予定 2019年秋
計画地 富山県富山市
開発者 富山フューチャー開発
面積 敷地面積‎: ‎118,000 m²

アル・プラザ富山など約100店舗が入居するショッピングセンターですが2019年の秋に大規模増床を予定している。

三井ショッピングパークららぽーと沼津

オープン予定 2019年秋
計画地 静岡県沼津市東椎路字東荒301番地3他
開発者 三井不動産株式会社
面積 敷地面積 約119,816m2(約36,244坪)

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、静岡県沼津市東椎路地区で開発を推進している、静岡県東部エリア初進出となるリージョナル型ショッピングセンターについて、今般、施設名称を「三井ショッピングパーク ららぽーと沼津」と決定いたしました。開業は2019年10月を予定しており、180店舗を今回先行して発表いたします。

サンタウン東駅

オープン予定 2019年秋
計画地 山口県下関市羽山町409-9
開発者 サンデン交通株式会社
面積 店舗面積約2,427㎡

サンリブ東駅店の跡地にオープン予定のサンタウン東駅はサンリブ(スーパーマーケット)、ココカラファイン(ドラッグストア)、ヨネザワ(メガネ)、ベル薬局などが出店予定。

川崎ゼロゲート(仮称)

オープン予定 2019年秋
計画地 神奈川県川崎市川崎区小川町1番1
開発者 株式会社パルコ
面積 計画敷地面積  約 2,300 ㎡(予定)計画延床面積  約 3,400 ㎡(予定)

川崎駅前にパルコが2019年の秋をめどに「川崎ゼロゲート(仮称)」をオープン予定。

イオンモール(名称未定)東北大学雨宮キャンパス跡地

オープン予定 2019年秋
計画地 宮城県仙台市青葉区
開発者 イオンモール株式会社
面積 敷地面積約35,000㎡、延べ床面積約83,000㎡

東北大学雨宮キャンパス跡地に大型商業施設イオンモールが2019年の秋にオープンを予定している。

BRANCH(ブランチ)横浜南部市場

オープン予定 2019年09月
計画地 神奈川県横浜市金沢区鳥浜町1−1
開発者 大和リース株式会社
面積 敷地面積:34,719.81平方メートル延床面積:20,744.14平方メートル

2015年3月に中央卸売市場として廃止した南部市場(横浜市金沢区)を補完する加工・配送、流通の場として活用する「物流エリア」と、食を中心としたにぎわいを創出する「賑わいエリア」に分け、その「賑わいエリア」に物販店、飲食店、カフェなどが出店予定。

熊本都市計画桜町地区 第一種市街地再開発事業

オープン予定 2019年09月
計画地 熊本市中央区桜町3番13、14
開発者 熊本桜町再開発株式会社
面積 敷地面積30,266.83m²延床面積162,440m²

2019年9月、熊本の中心市街地に、日本最大級のバスターミナルを有する複合施設が誕生します。本計画は、商業施設、バスターミナル、公益施設(ホール)、ホテル、住宅、バンケット、シネマコンプレックスなど、多様な用途が一体となった複合施設です。

2020年春

OH-1計画(仮称)

オープン予定 竣工:2020年2月末(予定)
計画地 東京都千代田区大手町一丁目2番
開発者 三井物産株式会社
面積 敷地面積:約20,900㎡/延床面積:約358,000㎡/階数:A棟 地上31階/地下5階、B棟 地上40階/地下5階

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)と三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、社長:菰田正信、以下「三井不動産」)は、大手町一丁目2番地区で推進中の一体開発事業である「(仮称)OH-1計画」(以下「本計画」)に関し、本年5月18日に着工し、本日起工式を執り行いましたので、お知らせ致します。

豊崎タウンプロジェクト新商業施設

オープン予定 2020年4月
計画地 沖縄県豊見城市沖縄県豊見城市
開発者 大和ハウス
面積 敷地面積71,499㎡、建築面積35,809㎡、総延床面積135,000㎡

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、沖縄県豊見城市(とみぐすくし)豊崎において、沖縄県初となる水族館を併設した大型複合商業施設「(仮称)沖縄豊崎タウンプロジェクト」を本格着手しましたので、お知らせします。当施設は、地上4階建て、敷地面積71,499㎡、建築面積35,809㎡、総延床面積135,000㎡で、2020年4月のオープンを予定しています。

浜松町・竹芝駅・竹芝ふ頭 再開発

オープン予定 竣工:2020年5月(予定)
計画地 東京都港区海岸一丁目20番9他
開発者 東急不動産株式会社
面積 敷地面積:約15,600㎡/延床面積:約200,000㎡

JR浜松町駅の東側に広がる竹芝エリアで進められている再開発事業が佳境を迎えている。この再開発は複数の都有地を一体的に活用し、民間活力の導入も図りながらまちづくりを進める「都市再生ステップアップ・プロジェクト」のひとつ。現在、地上40階建ての業務棟と地上18階建ての住宅棟のほか、浜松町駅から首都高速道路の上をまたぎ、竹芝ふ頭までを結ぶ歩行者デッキの建設が進む。完成は2020年を目指しており、エリア一帯のさらなる活性化の拠点となることが期待されている。

msb Tamachi(ムスブ田町)

オープン予定 竣工:2020年春(予定)
計画地 東京都港区芝浦三丁目1番20ほか
開発者 三菱地所株式会社
面積 基準階フロア専有面積 3,095.63m²(936.43坪)

「msb Tamachi」は JR 田町駅東口隣接の東京ガス所有地において、東京ガスが「msb Tamachi 田町ステーションタワーN(スマートエネルギーセンター含む)」を、三井不動産及び三菱地所が「msb Tamachi 田町ステーションタワーS」及び「プルマン東京田町」を開発するプロジェクトであり、街区全体の延床面積が 30 万㎡を超えるミクストユースの街づくりとなります。

高輪ゲートウェイ

オープン予定 暫定開業:2020年(予定)
計画地 JR品川車両基地跡地内
開発者 JR東日本
面積 構造:地上3階、地下1階、高さ約30m/総床面積:約7,600㎡

品川開発プロジェクトにおいては、2020 年に田町~品川駅間に新駅の暫定開業を目指すとともに、「グローバル ゲートウェイ 品川」として、周辺地域と連携した国際的に魅力のあるまちづくりの実現に向けた検討を進めてまいりました。

2020年秋

ららぽーと愛知東郷町

オープン予定 2020年秋
計画地 愛知郡東郷町春木他
開発者 三井不動産株式会社
面積 店舗棟 約 109,600 ㎡ (約 33,200 坪)立体駐車場棟 約 80,600 ㎡ (約 24,400 坪)店舗面積 約 63,900 ㎡ (約 19,300 坪)

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、愛知県愛知郡東郷町にてリージョナル型ショッピングセンター「(仮称)ららぽーと愛知東郷町」の開発を推進しており、2019年3月1日に着工いたしますので、お知らせいたします。なお、開業は2020年秋を予定しています。また当施設は、2018年9月にオープンしたららぽーと名古屋みなとアクルスに続き、東海3県2店舗目のららぽーととなります。

2021年春

常盤橋街区再開発プロジェクト

オープン予定 竣工:A棟 2021年予定
計画地 東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
開発者 三菱地所株式会社
面積 敷地面積は約31,400㎡、延べ床面積約680,000㎡

東京駅前常盤橋プロジェクトは、 東京駅周辺で最大となる 敷地面積3.1haに及ぶ大規模複合再開発です。 街区内の下水ポンプ所および変電所といった東京都心の重要インフラの機能を維持しながら、 10年超の事業期間をかけて段階的にビル開発を進める

2022年春

「虎ノ門ヒルズ」駅

オープン予定 開業時期:2020年共用開始、2022年度最終完成予定
計画地 東京都港区虎ノ門1丁目
開発者 森ビル株式会社
面積 建築敷地面積:約13,964㎡

この駅は、「まちと一体となった新たな駅」を目指して整備が進められており、最終完成時には周辺再開発事業において整備される建物((仮称)虎ノ門ヒルズステーションタワー)等と新駅がつながることもふまえ、お客様に「より明確でわかりやすく」、「まちと一体となった新たな駅」に相応しい名称として「虎ノ門ヒルズ駅」としました。

2022年夏

宇都宮駅東口地区整備

オープン予定 2022年08月
計画地 宇都宮市宮みらい 1 および2の一部
開発者 うつのみやシンフォニー 代表企業:野村不動産株式会社
面積 約 2.6ha

宇都宮市は2019年1月21日、「宇都宮駅東口地区整備事業」の優先交渉権者に選定していた「うつのみやシンフォニー」(代表企業・野村不動産、構成17社)と事業契約を結びました。 同グループは地上27階、高さ120mの複合ビルや地上14階、高さ60mの複合ビルなど6棟を新設します。 2022年8月の開業を目指しています。

2023年春

渋谷駅桜丘口地区再開発

オープン予定 2023年度竣工予定
計画地 東京都渋谷区桜丘町1番地、2番地、3番地、及び4番地、8番地の各地内、外
開発者 東急不動産株式会社
面積 敷地面積:約16,960㎡/延床面積:約252,870㎡

100年に一度とも言われる渋谷駅周辺の再開発。渋谷駅南西部に広がる2.6ヘクタールの広大な敷地では、渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業が進行中です。

2024年春

名古屋中日ビル

オープン予定 2024年
計画地 名古屋市中区栄4-14-5 松下中日ビル4階
開発者 中部日本ビルディング株式会社
面積 敷地面積 約 6,857 ㎡ (所有:中日新聞社)建築面積 約 5,950 ㎡ (建ぺい率:約 87%)延べ面積 約 113,000 ㎡ (約 34,190 坪)

中部日本ビルディング株式会社(以下中日ビル社、名古屋市中区栄 4-1-1、社長:金森昭夫)と株式会社中日新聞社(名古屋市中区三の丸 1-6-1、社長:大島宇一郎)は、中部日本ビルディング(以下中日ビル)を建て替えて建設する新ビルの基本計画をまとめ...

2025年春

夢洲駅タワービル

オープン予定 2025年
計画地 大阪市此花区
開発者 大阪市高速電気軌道株式会社
面積 地上55階、地下1階

大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)は2018年12月20日、2024年開業予定の夢洲(ゆめしま)駅の近くに地上55階建ての超高層ビル「夢洲駅タワービル」を建設すると発表しました。 商業施設やエンターテインメント関連の施設、オフィス、ホテル、展望台などが入ります。 総工費は1000億円超。 2024年の開業を目指しています。

新広島駅ビル

オープン予定 2025年春
計画地 広島市南区松原町2番37他
開発者 西日本旅客鉄道株式会社、JR西日本不動産開発株式会社、中国SC開発株式会社、株式会社ジェイアール西日本ホテル開発
面積 建築面積: 約14,000平方メートル延床面積 :約111,000平方メートル

西日本旅客鉄道株式会社では、JR西日本不動産開発株式会社および中国SC開発株式会社、株式会社ジェイアール西日本ホテル開発と共に、2014年9月に広島市が策定した「広島駅南口広場の再整備等に係る基本方針」に基づいて、広島駅ビルの建替えを検討してまいりました。このたび、広島市の「広島駅南口広場の再整備などにおける魅力的な駅前空間の創出について」に合わせて、「広島駅ビルの建替え計画」の概要がまとまりました